関心を”あなたに”向けさせることが出来れば?
結婚にも1歩近づきますよね?
今回はそんな方法を公開します。

「鶴の恩返し」から学ぶ婚活術

あなたも「鶴の恩返し」という童話は知っていると思いますが、
簡単にストーリーを説明しますね。

あるところにワナに掛かった1羽の鶴がいました。
その鶴をたまたま見つけたおじいさんが、
その鶴をワナから逃がしてあげました。

そしてその鶴は恩返しをするために、人間に化けておじいさんの家に行き、
自分の羽で機織りを始めました。

というお話なのですが、
この時鶴は、自分の羽で機織りしていることを隠したいので、

「機織りををしている間は、絶対に中を覗かないで下さい。」

とおじいさんにお願いします。

でも、おじいさんは除かないでと言われたのにも関わらず、
中を覗いてしまったというお話ですね。

この時おじいさんは何で覗いてしまったのか?
これが、今回のお話のキーポイントになります。

禁止すると見たくなる人間の心理

「見ないで」と言われるとつい見たくなってしまう、
この禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことを、
「カリギュラ効果」といいます。

例えば、あなたは「この話は絶対誰にも言うなよ!」って言われると、
誰かに話したくなりませんか?

そして「言ったらダメだからね!」と言って、
誰かにその秘密を話してしまいます。
そしてその話を聞いた人も、、、、という連鎖が続きます。

秘密がバレるのは、この「カリギュラ効果」が関係しているんですね(笑)

男の関心を惹き付ける”カリギュラ効果”の使い方

言わないで = 禁止

禁止 = 行動の抑制

この行動の抑制は男性のみならず、
人間の心の中にある感情を芽生えさせます。

それは「欲求」という感情です。

知りたい = 欲求

この欲求を相手に植え付けることが出来るなら、
その男性の頭の中を、”あなたでいっぱい”にさせるなんて事は十分可能といえます。

欲求とは読んで字のごとく、「欲」のことです。

例えば、デートの回数を重ねたいのであれば、
あえて、秘密を抱えているということを公言するのも1つの手です。

例えば、今あなたが抱えている小さな悩み事でもいいです。
これで相手に知りたいという欲求を与えことが出来ます。

そしてあなたはその秘密を先延ばしにして下さい。
「今はまだ話せませんが、次回お会いした時にでもお話しますね。」
これで次のデートが決まる可能性が上がります。

同情が恋愛感情になることも十分考えられますので、
もしもあなたがこの方法を使えそうなら是非活用してみて下さい。

ただ、嘘はいけませんのでくれぐれもお気を付けください。

小樽札幌婚活”無料相談”・複合型結婚相談所ブライダルサロンノブレス

当サロンでは、駐車場完備のプライベートな空間で無料相談を行っています。
美容室と併用していますので、
「あなたが結婚相談に来た」ということが周り知られる心配はありません。

ですので、安心してお越し下さい。

>無料相談・ご訪問予約

ブライダルサロンノブレスの婚活講座

>婚活”成功の秘訣講座” 一覧