11月12日火曜日、小樽発の結婚相談所ということで、北海道新聞さんにご掲載頂きました。

  • 結婚相談所への思い
  • 小樽への思い
  • 友人知人への思い

開業の理由は沢山ありますが、

「小樽での結婚相談所は、誰かがいつかやらなければいけないこと。」

そんな思いも強くありました。

その理由としては、出会いを探すことが苦手な人は、
誰かが手助けしてやらなければ、一生出会うことが出来ないと思ったからです。

出会いの多い人は、町に出歩き友人知人も多いと思いますが、
そもそも出会いを探すのが苦手な方は、
外に出歩くこともないため、極端に友人や知人が少ない傾向にあります。

つまり、そんな「出会いを探すことが苦手な方」と出会える確率というのは、
とてつも無く低い確率なのです。

なので、私は「新聞」という媒体を利用させて頂きました。

新聞をご覧になっている方は世代的に私より上の傾向がありますので、
「ご子息様・お嬢様の結婚を案ずる親御様」に小樽に結婚相談所があるということを伝えることが出来ました。

結果、お問い合わせが激増しています。

前回の「まちぜみ」と時も沢山のお問い合わせを頂きましたが、
対応が間に合わず、お断りをさせて頂きましたが、
今回の新聞掲載でもお断りをしています。

恐らく、来年までは空きそうにありません。

「札幌に住んで小樽で働く人」が多いという事実

小樽の人口が年々減少しているのは、周知の事実だと思いますが、
具体的な解決策は、今のところ無いのが現状。

問題視して欲しいのは、札幌に住んで小樽で働いている方が、
実は想像以上に多いということです。

もちろん色々な事情もあると思いますが、
「小樽に住みたい」と思って貰えるような環境作りが少ないのも、
原因のひとつだと私は考えています。

つまらない町”小樽”

「小樽はつまらない」

そんな声を誰しもが聞いたことがあるのでないかと思います。

小樽に生まれ住んで36年。
私は小樽を愛しています。

そんな小樽を「つまらない町」にはしたくないです。

なので、私は私が出来ることとして、
イベントをこれから打ち出していきます。

もちろん、メインは「出会いイベント」です。

小樽市内の飲食店さんとご協力をして、
イベント打ち出していきます。

楽しいパーティーが増えればあれば、
きっと町に繰り出す方も増えると思います。

そして、イベントで人が集まるということが分かれば、
きっと他の飲食店でも真似をするはずなのです。
そうすれば、もっともっと小樽は楽しくなるはずです。

「ウチのお店でもやって欲しい」

そんな声も増えてくれれば嬉しいですね。

 

 

 

 

ブライダルサロンノブレスの婚活講座

>婚活”成功の秘訣講座” 一覧